プロフィール

1979年、山形県の日本海側、庄内地方生まれ。現在、庄内地方在住。

田んぼに囲まれ育つが、映画や本の影響でアメリカに強く憧れる。(家族にも周りにも海外在住経験者は誰もいなかった。)

 

高校2年時、アメリカ ジョージア州の公立高校に交換留学生として1年通う。

 

東北芸術工科大学デザイン工学部卒。大学4年時にスウェーデン ストックホルム市に半年間デザイン留学。その後7カ国をバックパックで鉄道の旅を経て帰国。

2001年から、編集デザイン、飲食業、事務職などを経て、2008年オーストラリアに渡る。ワーキングホリデービザ、学生ビザで4つの州(QLD、NT、SA、NSW)に滞在。2011年帰国、瀬戸内海での美術館勤務を経て山形県に帰郷。現在は、英語・日本語の翻訳、通訳の仕事と共にイラストレーターとして活躍中。

 

○旅した場所:アメリカ、台湾、スウェーデン、フィンランド、スペイン、フランス、ドイツ、ポルトガル、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、中国、ロシア

 

○特に好きな街:サンクトペテルブルク、ストックホルム(ガムラスタン)、アデレード、クィーンズタウン、バルセロナ、直島、小豆島、小樽、谷中

 

 

○飛行機と電車に乗ってる時間が好き。空港と駅も好き。

 

 

○好きな食べ物:あんこ含む豆類、土鍋で炊いたご飯、カンパーニュ、東京『パリットフワット』のローズマリークッキー、根津『芋甚』のアイス最中

 

 

 

○自己評価:行動力がある。移動距離が長くても行きたいところがあったら行く。(距離メーター壊れてると思う。) 大胆かつ繊細。

 

 

◯これからしたいこと:

1)旅先紹介イラスト これまで旅してきた土地を紹介する

 

2)「旅に出たいけど、ちょっと勇気が出ない人」の背中を押すおせっかい

 

3)旅先英会話との向き合い方 2)から続く。基本さえ押さえれば後は気合いが大事です!

 

4)イラストと英語と旅をつないで、楽しんでもらえる方法(媒体)を作る。

 

5)旅先のお宅訪問的 取材イラストの作成(食事や生活のことなど、日常に密着したネタを題材にする!そういう部分にこそ、違いや共通点が見えるから)

 

6)異なる業種の方とタッグを組んで仕事

  「写真に絵を描いて」や「書にイラストを加えてほしい」、

「なかなか言葉では伝わりづらい自分の仕事、イラストで紹介して」「英語のテキストに添えるイラストを描いて」

「自分専用のキャラクターを作ってほしい」などなど、お待ちしております!

 

7)やりたいことを、胸張って堂々と宣言する。

(自信ないフリしてて、本当はあるんです。やっと自覚しました。あはは)

 

 

遠くに感じる、行ったことのないあの国。

言葉が通じない国の人たちとなんて、共通点なんてないのでは!?なーんて思い込みをすっぱり取り払いたい。なぜって?その方が楽しいから。別の世界を知ることは、自分のいる世界を知るきっかけにもなる。そうすると、日常の中に新しい発見とうれしい驚きが増えてくる。世界が広がって行く。自分がワクワクすることを、周りに増やしてしまおう。

 

だからわたしは旅をするのです。

 

 

わたしが旅した国々で、「こんなこと教えて!」とあったら、ぜひご連絡ください。全てのリクエストにお答えできるかわかりませんが、ブログで紹介させていただきます。

 

 

 

以上!

 

 

いろんな体験から生み出す一コマ漫画、ほぼ毎日更新!

旅するイラストレーター『こまつきょうこ』の日常図鑑